ペイサーズ 対 ピストンズ。 ロケッツ対ピストンズ: キャットのロケッツ通信

ロケッツ対ピストンズ: キャットのロケッツ通信

ペイサーズ 対 ピストンズ

: 2009-2013 2010年代• CJ・ワトソン 出場なし。 600 通算勝敗 2,171 2,050. しかし、事は思い通りに運ばず、その後は拳打やタックルの応酬に。 268 26 56. ブレイク・グリフィン ・1989年3月16日(30歳) ・国籍:アメリカ ・生まれ:オクラホマ州オクラホマシティ ・ドラフト:09年1巡目1位(LAC) ・208cm、113kg 強靭なフィジカルとガード並みのスキルで ディフェンスを圧倒するグリフィン。 更に開幕後もやなどが怪我で欠場。 第4代コミッショナーを務めた故デビッド・スターンは生前、「ルディとカーミットの間で起きた事件を抜きにして、スポーツ上の暴力は語ることはできない。 米スポーツメディア『Bleacher Report』は、NBAを変えた乱闘劇の数々をピックアップ。 観客への暴力行為はもってのほかであるが、NBAでは選手による観客席への立ち入りを厳禁していた。

次の

インディアナ・ペイサーズ

ペイサーズ 対 ピストンズ

しかし前半おとなしかったスタッキーが本領発揮とばかりにスコアー連発で追いすがる(62-53)。 427 36 46. 最初見たときかなり衝撃的でした。 : 2011-2016• どうやらロドニースタッキーはピストンズのあるメンバーに不満をもっていたというか、いろいろ悪い噂をたてられたとか、そんなことが話題になっていましたけど、ピストンズ相手ということで、燃えていたのかもしれません。 NBA2014年〜15年シーズンのペイサーズの52試合目、対ホーネッツ戦の感想です。 現在のNBAだとちょっとリアクションを起こせばテクニカルファールを吹かれ即退場になるので、乱闘寸前の行為等ご法度です。 ただし、ローズ以外のベテランをトレードできなかったことは、一つの失敗だと言えるでしょう。 439 31 51. NBA2014年〜15年シーズンのペイサーズの68試合目、対キャバリアーズ戦の感想です。

次の

パレスの騒乱

ペイサーズ 対 ピストンズ

ただペイサーズも終盤フリースローをきっちり決めたところを評価したいです。 背番号33はペイサーズの永久欠番。 317 41 41. ダブルチームにいけばどこかの選手が空きますし。 0254 6 ft1 in 1. 634 1回戦敗退 3, ペイサーズ 2 39 43. 2004年の乱闘事件 [ ] 詳細は「」を参照• 出場停止の期間は後日決定されるようだ。 オンコートでのイメージアップについては、リーグを司る協会の尽力が大きい。 ポール・ジョージ 外のシュートがよかった。 607 地区準決勝勝利 地区決勝勝利 ABAファイナル優勝 ペイサーズ 4, 1 ペイサーズ 4, 2 ペイサーズ 4, 3 1973-74 46 38. その結果、計18人に罰則が言い渡され、引き金となったアービングとバードには、NBA史上2番目に高額な7500ドル(当時のレートで約188万円)の罰金が命じられた。

次の

79試合目:ペイサーズvsピストンズ

ペイサーズ 対 ピストンズ

次はナゲッツ戦になるが、アリーザが戻ってくるロケッツなのでT-Macをどのように使っていくのか興味津々である。 これに対してホームのピストンズファンが激怒。 ゲームの方は2-11のランを食らって4点リードされるが(11-15)、ここから速攻が連発で決まるなどして一気に16-2のランに成功(27-17)。 そんかこんなでゲームは淡々と進み会場にいる子供が眠くなりそうな展開が続くが、その眠気を一気に覚ますかのようにバディンガーが強烈なアーリウープをたたき込んだ!(74-64)。 入場口ではペイサーズ陣営を待ち構えるピストンズファンが、ゴミや飲み物、さらにはパイプ椅子まで投げつける仕舞いに。

次の

NBA昔のニックスとペイサーズ、ブルズ、ヒートのような熱いライバル関係はど...

ペイサーズ 対 ピストンズ

プレイが紳士すぎるところが、勝利につながらないところを感じますけど、ロドニースタッキーのオフェンス力というか、センスは高いです。 大荒れとなったことで審判は総勢10名に退場を言い渡し、アンソニーは15試合の出場停止処分が下された。 また、これを受けたNBAは、ファン規約を改定せざるをえなかった。 インディアナ・ペイサーズ ・創設:1967年 ・ホームタウン:インディアナ州インディアナポリス ・NBA優勝回数:0回 ・プレーオフ出場回数:26回 ・NBAファイナル出場回数:1回(1999-2000) ・移転. しかし、その過程ではルールや罰則を見直すきっかけになった悲惨な出来事が数多く存在する。 一人のファンがアーテストにコーラの入ったカップを投げつけると、アーテストは堪忍袋の尾が切れ、スティーブン・ジャクソン(元ゴールデンステート・ウォリアーズ)とともに観客席に乱入し、今度はピストンズファンを強襲。 この事件について、当時サンズの球団社長を務めていたジェリー・コランジェロは「27年間リーグにいるが、あんな事件は見たことがない。 そして、それぞれのチームを率いていたのが他でもないジュリアス・アービング(元ニューヨーク・ネッツほか)とラリー・バード(元ボストン)である。

次の

ロケッツ対ピストンズ: キャットのロケッツ通信

ペイサーズ 対 ピストンズ

スポーツチャンネルESPNのアナリストによると、ファンに手を出したオニールとアーテストは相当重い処分を下されるそうだ。 事件が起きたのは、1984年11月9日。 このシーズンのプレイオフではを追い詰めたが一歩及ばず敗退。 これに腹を立てたウォーレスがアーテストを突き飛ばし、両軍入り乱れる乱闘劇がスタートしたが、選手達はコーチになだめられ、乱闘はようやくストップしたかに思えた。 わかっていても止められないってきつかったので。 463 45 37. NBA2014年〜15年シーズンのペイサーズの8試合目、対ジャズ戦の感想です。 ペイサーズにFAでは選手がきてくれないのなら、ロイヒバートの約1500万というサラリーが切れるという点を狙って、いろいろなチームがトレードしてくれる可能性があります。

次の

NBAの歴史に残る乱闘劇5選

ペイサーズ 対 ピストンズ

さらにピストンズは試合を重ねるごとに、けが人が増えている印象があります。 ロワリーに横取り?されたシーンがありながらもリバウンドに積極的にからみ、ディフェンスでもフットワークを使ってうまくやっていた印象がある。 : 2010-2012, 2017-2019• 第4クォーター終盤、ナゲッツはニックスに約20点差をつけ、圧勝モードだった。 2 DET 12. さらにジャーメイン・オニールも観客席に入り、会場は騒然となった。 :1986-1992• 2015-16シーズンは、ジョージが重傷から完全復活し、チームを牽引。 プリチャード球団社長が 「ここ10年で最高の補強」と惚れ込んでいる ニューカマーには、エースのオラディポが 復帰するまでの間、チームの司令塔兼スコアラーとして 獅子奮迅の活躍が求められています。 :1984-1995• ブラウンの後を継いだのはかつて選手として名を馳せただった。

次の