メガバス カゲロウ。 メガバスから「カゲロウ 124F」が登場!リトリーブ速度でアクションが変わるミノープラグ!

メガバス(Megabass) KAGELOU(カゲロウ) |アウトドア用品・釣り具通販はナチュラム

メガバス カゲロウ

シャローエリアに差す大型シーバスを狙い撃つために、潜行深度は0~20cmに設定。 コンセプトが似ているルアーということが良く分かりますね。 ただ巻きやリフトアンドフォール、ワンピッチジャークなどシンプルなアクションをメインに使うのが、マキッパでストレス少なく釣りをする秘訣と思います。 先日の釣行で使ってみましたが、その時はノーバイト…。 そこんところ、KAGELOUは投げやすかったですね。 水深があるところでシーバスが真下方向から見上げていて縦方向に追ってくる場合なのか、 はたまたシャロー帯でシーバスが水平方向から追ってくる場合か。

次の

KAGELOU 155F

メガバス カゲロウ

ただ巻き 水流に合わせたナチュラルでアピール力の高いロールアクションを最大限に活かすためにはただ巻きがおすすめ。 よく考えて作られております。 KAGELOU124はランカーハンター久保田剛之プロデュースによるシーバス用シャローランナー。 ワタシは、メタルマルの小さなコロラドブレードが、魚種限定解除のキモの1つという認識を持っていますが、マキッパはウィローブレードですよね。 ここから私はこのルアーの虜になり、 翌週にも同じポイントに向かったのですが、 ランカーのマルスズキをキャッチ! そして、その翌日も釣行すると、 ランカーでは無いですが良型の70cmをキャッチ! おいおい、このルアー本気で凄いなと。 まとめ 彼がなぜ?湘南の覇王と呼ばれているか? ザウルステスター・・いや、それ以前から彼のスタイルを見ている方は既に、覇王以上の称号が必要かも知れないと感じているかも知れない。

次の

メガバス カゲロウ100F徹底解説!なぜ?ランカーシーバスがヒットするのか?詳細解説!

メガバス カゲロウ

湘南の覇王 ・・ランカー いや メーターシーバスをも狙って獲る!狙撃スタイル! この狙って獲る!覇王スタイルをあなたがメガバス カゲロウを使う事によって、グッと近く。 その後も124Fと100Fを駆使しながら、過去にないスピードで良型サイズのシーバスのキャッチに成功しているので、その能力に疑いようは無いと思います。 124Fはトリプルフックが3つですが、100Fは2つですね。 シャローエリアに差す大型シーバスを狙い撃つために、潜行深度は0~20cmに設定。 しかも、メインベイトが8~9cmのイナッコの時期にです。

次の

【 Megabass Official fimo Blog】 カゲロウカラーセレクト術

メガバス カゲロウ

水の透明度と周囲の明るさでカラーセレクトのベースを選択していく訳ですが・・ 【水の透明度が高い時はクリアー】 【通常時はホログラム】 【濁りがある時はチャート】 満月などで周囲の明るさが明るい時は上の3つの項目が1つずつ左にスライドさせて様子を見ます。 またデイゲームでうっすらと濁りが入っている時にも見切られにくいカラーです。 期待のシーバス用シャローミノー、Megabass 「KAGELOU」。 また、ウエイトシステムには新開発のLBOII(PAT. 柏木のDVD買ったりしてかなり好きというか憧れを持っていました。 KAGELOU124はランカーハンター久保田剛之プロデュースによる シーバス用シャローランナー。 ZEALのルアーはウッドで高いので、たくさん持っていたわけじゃないけど、中学生の時S. グリーンゴールド同様『レッドヘッドしか食わない!』ってのを経験したことがあるのでラインナップには入れておきたかったカラー。 正面に投げてスローで巻いていたら水面に曳き波が立つレベル。

次の

メガバス/カゲロウ124Fのインプレ【お気に入りルアー紹介】

メガバス カゲロウ

124Fはアクションは控えめでも、そのサイズからくる存在感がけっこうあります。 これはマット塗装のカラーなんですが久保田氏もお気に入りのカラーのようです。 ウィローは、ブレードサイズが同じであれば、波動ではコロラドに劣るものの、フラッシングでのアピールはコロラドに勝ります。 508• まずは監修者である久保田剛之さんのブログ 「」。 アシストフックにティンセルもついているマキッパの方が視覚的なアピールは強いでしょう。 このあたりの差異が、実釣力にどこまで影響を与えているかも気になりますね! ちなみに、釣りよかで早速実釣動画がアップされてますよ! コンセプト通り、シンプルな操作で釣れてます。

次の

今年1番期待している!メガバスのゲンマ110Sを買ったので開封しながら感想を語ってみる。|釣りあび!

メガバス カゲロウ

店舗facebook• キャストは強めのロッドを推奨 高いランカーキャッチ率、それでいてセイゴクラスも口を使うので素晴らしいルアーだと思うのですが、このルアーを使うには、 ロッドを選ぶ という印象があります。 マルアジ、マアジ、シーバス、チヌ、キビレ、ヒラメ(ソゲクラス)マゴチ、サバ、ハマチ、メバルと、このあたりはある意味当然。 The voluminous high-appeal body demonstrates maximum effectiveness in situations where sea bass are targeting large bait. 写真の124Fのカラーは朧アユです。 遠投性能も高いためロングキャストしてただ巻きをするパイロットルアーとしてもおすすめです。 でも、個人的には「横向いてるけど…釣れるから…大丈夫…のはず…」と、心のどこかで引っかかりながら使ってるんですよね。

次の

【メガバス】カゲロウのカラーや特徴

メガバス カゲロウ

白と黒で、膨張効果の差があるので恐縮ですが、水を受けるダーター形状の部分も大きさが結構違うので、水押しの力にもそれ相応の影響があると思います。 The large cut-darter cup pushes hard against the water, creating a delicate natural rolling action during slow to medium speed retrieves that draws even the most wary sea bass. フックサークルや歯型などで塗装が傷付き、マット、ホロ、本体の樹脂、がマダラになり始めると格段に魚の反応がアップします。 というようなゲーム展開が期待出来るルアーだと思います。 個人的な感想 すごく良さそうですね! 近年では丸パクリのようなルアーばかり発売される中、 しっかり 特長のあるシンペンです。 リーリングの瞬間から即座にアクションを始動する圧巻のレスポンシビリティと異次元の飛距離を誇るカゲロウ155Fは対モンスターシーバス仕様・究極のマグナムシャローランナーです。

次の

メガバス/カゲロウ124Fのインプレ【お気に入りルアー紹介】

メガバス カゲロウ

このアクションで 軽量のフローティングルアーが沖の潮目や明暗の水面を漂っていたら・・・ムフフな感じに。 高精度のマイクロボールベアリングを無限ループ配列したブッシュがボディ内部を極めてシルキーに瞬間移動。 ストラクチャーに着いてる魚に何度かルアーを見せた後に使用するとレッドヘッドには反応してくれるって事も多いです。 スローリトリーブ 低速 で巻き上げるとナチュラルロールアクション。 12cmルアーでセイゴも釣れるからね。 出典:メガバス ここは個人的に非常に気になっているポイントで、マキッパが手元に届き次第、回転しないか?倒れないか?しっかりテストしてみようと思います。

次の