松本 サリン 事件 冤罪。 河野義行

日本の黒い夏─冤罪

松本 サリン 事件 冤罪

なお、村井は実行メンバーにも参加させることを提案したが、(地下鉄サリンの時とは逆に)麻原が却下している。 彼女は同年6月時点ですでに余命3か月を言い渡されており、危篤の連絡を受けた夫の見守る中、静かに息を引き取ったとされる• 準備 [ ] この頃、オウムには第三次を起こすことを目的に、が製造した青色サリン溶液(ブルーサリン)が保管されており 、にブルーサリンを使ってを起こしたが失敗していた。 この捜索においてが発見されたことや、「河野宅において不審な煙を見た」との証言があり嫌疑が深まった。 事件当日、仕事を終え帰宅していた河野さんは、全くいつもと変わらない1日を過ごしていたという。 著作 [ ]• 『足利事件 松本サリン事件』(菅家利和との共著 、2009. 後のことは頼んだぞ。 6月20日 - 麻原、サリン攻撃を指示。

次の

日本の黒い夏─冤罪

松本 サリン 事件 冤罪

2013年1月31日閲覧。 [ ] 「松本サリン事件に関する一考察」 [ ] 事件後に、マスコミを中心に配布された。 辞任理由は一身上の都合としている。 警察やマスコミなど各所に送りつけられた。 闘っている間に我々は逃げますから、あとはよろしく」と適当に答えた。 この出来事が教団を「武装化させた」と言われている。

次の

誰でも冤罪の加担者に…松本サリン事件の河野さん講演 警察リークでマスコミ暴走の危険性「報道信じた人々が制裁加えようとした」京都

松本 サリン 事件 冤罪

田坂さんは、「警察はなぜ、サリンの残留物が検出された時点で教団施設を強制捜査しなかったのか。 これに伴い、 松本サリン事件で教団を強力にアシストした杉尾秀哉さん、そしてその 杉尾秀哉さんに公認を与えた立憲民主党の責任を問う声が強くなっているようです。 実は、オウム真理教の犯行だったが、警察や報道によって、 まったく無実の河野氏の関与が疑われ、「発生からたった2日で、世間から殺人鬼と呼ばれるようになった」という。 関連項目 [ ]• 「 河野氏は、事件報道に携わった杉尾氏に複雑な思いを抱えているようだ」(市政関係者)。 松本サリン事件は平成6年6月27日、オウム真理教信者が長野県松本市内で猛毒のサリンをまき、河野さんの妻、澄子さんを含む8人が死亡した。

次の

松本サリン事件

松本 サリン 事件 冤罪

藤島教授:• 古屋教授:• 122• 真犯人判明 [ ] その後、『』というが、や警察関係者を中心に出回っていく。 。 タイトル:• によると、この時新実らは教団内の隠語でサリンを指すの歌を車内で合唱していたという。 そして、現在68歳になった河野さんは、生まれ故郷の愛知県に住んでいるという。 松本死刑囚は同年4月ごろ、幹部らを集めて「全世界にボツリヌス菌をまく」と無差別大量殺人の計画を宣言。 『オウムの黒い霧 - オウム裁判を読み解く11のカギ』 双葉社、。 武山記者: ほか スタッフ [ ]• オウム真理教が当初目的とした裁判所宿舎とは無関係の 現 寮や一般マンションである開智ハイツや松本レックスハイツにも被害者を出した。

次の

松本サリン事件

松本 サリン 事件 冤罪

そのギャップは大きい」と指摘した上で、「今後は県警が配慮してギャップを埋めていく必要がある」とした。 これに警察やマスコミが誘導されて『河野さんが農薬をつくるために薬品を混ぜ合わせてサリンを発生させた』との見方が広がりました。 事件に至る経緯 [ ] オウム真理教は長野県松本市に、松本支部道場および食品工場を建設するための土地を取得しようと計画、による県知事への届け出を避けるため、賃貸契約と売買契約に分けて取得した。 提供 自宅に押しかけた多くの記者の前で、事件との関与を強く否定する河野義行さん(右手前から2人目)。 当時の国家公安委員長は、個人として河野に直接謝罪している。

次の

松本サリン事件

松本 サリン 事件 冤罪

永田弁護士は自らの著書で、化学の専門家が記者に向けて河野犯人説を否定してくれたことが<非常に心強いものであった>(『松本サリン事件 弁護記録が明かす7年目の真相』)と書いている。 この事件は「松本サリン事件」と名付けられ、周辺に住んでいた信州大学の学生や会社員ら8人の死者と、約590人が重軽症を負った。 ようやく河野さんの冤罪が晴れたのだが、猛毒のサリンガスを吸って重症だった妻の澄子さんは、意識不明の状態が回復しないまま、14年後の2008年8月、60歳で亡くなったのである。 , p. そして当時聞きなれない言葉であった「サリン」の解説、などに触れ、オウムがサリン製造ないし入手能力を有することと、河野の無罪を主張している。 しかし北沢氏自身が引退を決断し、その後継候補として長野県を地盤としていた 羽田孜元首相と近い杉尾氏に白羽の矢を立てた。

次の