シンシア リー の ブログ。 シンシアリー、韓国テレビ局に身元を特定される!?

シンシアリー(地図/中野/西洋料理その他)

シンシア リー の ブログ

2019年5月分 (0)• 2015年1月分 (0)• 2017年10月分 (0)• 日本人との決定的な意識の乖離は、韓国人自身の他者に対する埋めがたい劣等感と優越意識の狭間で自己の価値観を見失い、考えることを停止した人々が、益々混乱する韓国社会の深みから這い上がれない恨みを、他者に向け続けてることだろう。 日本の中にも「日韓断交」すべき、という意見があるが、その現実は、あまりに悲惨な未来でしかない。 ただ、食事を提供する姿勢という視点で考えてみても、何回も来てほしいと願う日本の店は、清潔であることはもちろん、味やサービスに細心の注意を払い、顧客の満足を得るために日夜努力している一方で、その時、その場の金儲けだけを優先して、残り物さえ平気で客に出すことに抵抗感を感じない韓国の店とのあまりの意識の差には、言うべき言葉もない。 日韓問題に関心のある方は氏のブログや著作から得るものが多いでしょう。 次回は、韓国を外から見直し、著者自身に祖国がどう写るかを書いてほしい。 2016年2月分 (0)• アメリカの行政学者アレイン・アイルランドが1926年に発表した「The New Korea」に書かれた、韓国が声高に叫ぶ「人類史上最悪の植民地支配」とはおよそかけ離れた日韓併合の真実を世に知らしめるために始めた、韓国の反日思想への皮肉を綴った日記「シンシアリーのブログ」は1日10万PVを超え、日本人に愛読されている。

次の

高知の結婚相談・仲人【Sincerely シンシアリー】結婚につながる新しい出会い

シンシア リー の ブログ

シンシアリー氏とは? 1970年代に韓国で生まれ育つ。 それは我が国のネトウヨ ネット右翼 が「そうだ、そうだ、その通り。 話題騒然! それから、皆さんで移動してパノラマでのスイーツを頂きながら 夕日を観ながら黄昏男女で大人な時間を過ごして頂こうと思います。 新書版のための新章「日本某所の住民になりました」を大幅加筆! でありながら、変わった形でのになりが、出来る限りのことを尽くしたいと思い。 館内の飲食店も、メイドカフェから本場韓国の惣菜屋、老舗の鶏肉店、八百屋など個性的。 この中野にあるのが、ショットバー「シンシアリー」です。 初めての著書『韓国人による恥韓論』、第2弾『韓国人による沈韓論』、第3弾『韓国人が暴く黒韓史』、第4弾『韓国人による震韓論』、第5弾『韓国人による噓韓論』、第6弾『韓国人による北韓論』第7弾『韓国人による末韓論』 扶桑社新書 、『朴槿恵と亡国の民』 小社刊 、著書は50万部超のベストセラーとなる。

次の

シンシアリー、韓国テレビ局に身元を特定される!?

シンシア リー の ブログ

シンシアリー氏へ 晴れて韓国からの脱出、おめでとうございます。 2016年5月分 (0)• 2015年10月分 (0)• そうすると我が国におけるネトウヨ ネット右翼 の数は20万人前後ではないかと考えているありのパパの推測は当たっていることになります。 2014年10月分 (0)• media. 【著者プロフィール】 シンシアリー SincereLEE 1970年代、韓国生まれ、韓国育ちの生粋の韓国人。 歯科医院を休業し、2017年春より日本へ移住。 印鑑を購入し、日本での家を買い、韓国で経営する歯科医院を手放すという事だから、日本に生活のペースを移すことは間違いないだろう。 <「のは、戦だ」というを見るたびに、恥ずかしいことこの上ない。 アメリカの行政学者アレイン・アイランドが1926年に発表した「The New Korea」に書かれた、韓国が声高に叫ぶ「人類史上最悪の植民地支配」とはおよそかけ離れた日韓併合の真実を世に知らしめるために始めた、韓国の反日思想への皮肉を綴った日記「シンシアリーのブログ」は1日10万PVを超え、日本人に愛読されている。

次の

シンシアリー氏の帰化?に思う

シンシア リー の ブログ

いずれも小さな局面での一般韓国人の考え方が述べており、日本人との違いについてわかりやすく知ることができます。 歴史・文化全般からのアプローチではなく、生活の小さな局面からの一考察は日本人とは違う韓国人の不条理さを知る一助となるでしょう。 「反日」の同志を求める韓国は必然的に中国や北朝鮮に近づいていきます。 おめでたいにも程 ほど があるというものです。 しかし著者自身が韓国人であることで、単なる韓国の悪口の羅列ではなく、どういう思考で韓国ではそのようなことが起きるのか説明されている点が興味深かった。 続きを表示 ようこそいらっしゃいました。 2019年4月分 (0)• 母から日韓併合時代に学んだ日本語を教えられ、子供のころから日本の雑誌やアニメで日本語に親しんできた。

次の

シンシアリー(地図/中野/西洋料理その他)

シンシア リー の ブログ

2014年7月分 (0)• 真実を世に知らしめるために始めた日記「シンシアリーのブログ」は1日10万PVを超え、日本人に愛読されている。 初めての著書『韓国人による恥韓論』、第2弾『韓国人による沈韓論』、第3弾『韓国人が暴く黒韓史』、第4弾『韓国人による震韓論』、第5弾『韓国人による噓韓論』、第6弾『韓国人による北韓論』、第7弾『韓国人による末韓論』、第8弾『韓国人による罪韓論』、第9弾『朝鮮半島統一後に日本に起こること』、第10弾『「徴用工」の悪心』 、第11弾『文在寅政権の末路』、『なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか』、『人を楽にしてくれる国・日本』(以上、扶桑社新書)、『朴槿恵と亡国の民』、『今、韓国で起こっていること』(以上、扶桑社)、著書は65万部超のベストセラーとなる。 2015年5月分 (0)• なので、今現在の韓国に彼が失望し、実際問題としての大統領の弾劾裁判からの強烈な左翼政権への変化、日本との関係悪化による恐らくは自身の安全の危機を考え、熟慮の末に日本へ移住すると自体はとてもよくわかる事だし、個人的には尊重されるべきだと思う。 2015年6月分 (0)• 端島は炭鉱で有名な島で、大勢の朝鮮人たちも働いていました。 本書を書店のどこの棚に置くかとしたらいわゆる嫌韓本コーナーになるのだろうが。

次の

韓国人による末韓論 (扶桑社新書)

シンシア リー の ブログ

これがどの国の人々にも必要なことです。 ペルソナとは他者があなたに求める役割です(それは本心とは大なり小なり異なります)。 翻って我が国のブログ界を見てみると、そのような方はいません。 シンシアリーさんの視点はとても斬新 ざんしん でもあり、ユーモアをもって自民族を斬 き る記事内容に教えられることも多いのです。 本書は、「ご飯」というキーワードを使って日本と韓国の違いを論じているが、この本のタイトルを見て「グルメ本」だと思っている人がいるなら、それは明らかに違うので念のため。 宇宙人は本当に存在していて、それが、朝鮮半島に棲みつき、増殖して今日の北朝鮮と韓国だと認識すれば、多少、頭の整理がつくかも知れない。

次の