Dod テキーラ レッグ。 テキーラキッチンレッグをワンバイ木材で使う方法。おすすめテクニック5選。

DODのテキーラレッグSで、棚を自作してみた。キャンプギアを取り出しやすく、テント内の収納にも。

dod テキーラ レッグ

・自作したほうが安い テキーラプレート一本で自作プレート10本作れちゃいます。 これは使い方や好みに応じて、材質や組み合わせをアレンジできるようにするためです。 ワンバイ木材の幅の選び方について、いくつかおすすめポイントを紹介します。 テキーラウッドプレートMの代わりに、テキーラプレートのMでもいい感じに使う事ができます。 でもネーミングにあっていて良いですよね。 なによりも1番の長所は、「理想のキッチンを自由に作ることが出来る」点です。 サイトがロースタイルであっても、立ち作業ができる調理用テーブルはあると便利なので、そんな活用もありかもしれませんね。

次の

【開封から10ヶ月後レビュー】DODテキーラテーブルどうだった?

dod テキーラ レッグ

最後に、上にも書きましたがビンテージワックスを使用する際に一つ気をつけないと行けないのは、塗料が乾かないこと。 割とメジャーなところなのに。 脚2つがセットになっています。 これがまたおしゃれな感じで良いんです。 またラックを重ねたり、テーブルを繋げたりアイデア次第で使用方法は無限大だと思います。 私は、白、青、紫の3色をベースに濃淡をつけてみました。

次の

DOD テキーラキッチンレッグ&テキーラプレート レビュー

dod テキーラ レッグ

ワンバイ木材が差し込める このテキーラレッグの良いところなのですが、ワンバイサイズ 厚さ約19mm の木材が差し込めちゃうことなのですよね。 使用済みのタオルは油分を含んでいるため燃えやすいです。 公式HPにある通り、食器とかいろんなものが乗っかるとオシャレ感めちゃくちゃ出そうです! 次は暖炉裏テーブル四角バージョン。 パッと設置してみた。 ランタンを吊るしてるのがパイルドライバー(ランタンスタンド)です。 木目に沿って 塗り込む様なイメージで塗ります。 場所は茨城県某所、広大なフリーサイトでDODのテキーラキッチンレッグの実戦デビューしてきた 場所は茨城県某所。

次の

DODのカシス/テキーラテーブルでオシャレにBBQ!アレンジ自在な万能テーブル!

dod テキーラ レッグ

あんまり見ないような… 今なら発売してすぐだからかぶりづらいとは思います! でもあくまで個人の印象なので参考までに。 塗装する 何も塗らなくても使えますが、オイルステインなどを塗ることによって、好みの雰囲気にすることができて、木材の反りを防止する効果もあります。 ロースタイルにぴったり!! 焚き火にピッタリなだけでなく、 だらっと、ゆったりと過ごせるロースタイルのキャンプにぴったり!! 地面に低い位置でゆったり過ごすことが出来る高さは、焚き火からの距離も近くて、これからの冬の寒い時期に活躍してくれそうです。 ウッドプレートCを2枚の代わりに、テキーラプレートMを2枚でも使えます。 安い! 作業時間も半日あればできてしまうほど簡単です。 キッチンツール置き場(吊り下げフレーム)• でも妄想するだけで幸せなんですよね~。 次に用意したペンキを板に塗っていきます。

次の

DODのテキーラテーブルをキャンプ用にDIY!

dod テキーラ レッグ

ご視聴ありがとうございます! チャンネル登録してもらえるとめちゃくそ喜びます。 この工程が一番時間がかかります。 化学繊維の素材に比べて重量は重くはなりますが、ワイルドに焚き火を楽しむのにはピッタリの素材!! 超ロースタイルチェアは焚き火の煙が当たりにくい!! 立ち昇る焚き火の煙は上に昇っていきます。 ラックを重ねたり、テーブルを繋げたりアイディア次第で使い方は様々です。 すごい、これひとつで 色々な使い方が出来るテキーラレッグ。 我が家では自作プレートを10本使っているので市販のものを使った場合プレートだけで20kgになってしまします。 フラット収納でかさばらない 分解するとフラットになってかさばらないです。

次の

DODのテキーラテーブルをキャンプ用にDIY!

dod テキーラ レッグ

DODはかぶりづらいような気がしている…! DOD、自分の印象だと かぶりづらいような気がしています。 ただし、一人じゃ出来ないというわけではないっす。 長方形のテキーラウッドプレートMと、楕円形のテキーラウッドプレートCがあります。 微小なパーツサイズの誤差により、天板高さは多少前後する場合があります。 DODから木材を販売していないこともあり、製品ページではあまり木材を使う方法については説明していないので、ワンバイ木材を使うときの方法について詳しく説明したいと思います。

次の