トヨタ コルサ。 トヨタ・初代コルサ/ターセル試乗記 【アーカイブ】

トヨタ コルサ 価格・車種カタログ情報

トヨタ コルサ

8万円 税抜 161. 5万円 税抜 91万円 税抜 97. 12-1999. 4mを切る小型ボディながらホイールベースを延長することで広い室内空間を実現するなど、優れたパッケージで実用性の高いモデルとして試乗記では評価。 5m 4. 車そのものは、走りっぷりを楽しむというより、スムーズに走るための車という性格が濃い。 3Lガソリンエンジン、1. 5m 4. 37m 3. トランスミッションは変わらず、1. 12-1998. 車室の前後方向も広くなっているため前席、後席ともにレッグスペースも大きくとれている。 2L車及びAT車の追加に合わせて広告もテコ入れ。 (昭和55年)8月 - スラントノーズ化されるを受けた。 5L 直4 4E-FE型 1. 二代目モデル(ハッチバックは1982年~1986年 4ドアセダンは1982年~1990年) に初の。

次の

トヨタ コルサセダン 1.5 VIT

トヨタ コルサ

カローラ2の3ドア リトラ GPターボ。 7 m 4. 07 E-EL51. キャッチコピーの「百恵の、赤い靴」にちなんで、3ドア・Sにツートンカラーのが設定され、イメージモデルとなった。 なお、「ターセル」とは姉妹車の関係に当たります。 オプションであったリトラのスポーツパッケージは、VS-iとGP-TURBOには標準で装着され、リトラVRが廉価グレードとして新設される代わりに、スポーツパッケージを省かれた。 8m 4. 5Lディーゼルターボ(67馬力)の3ユニット。 7万円 税抜 122. ローダウン• これによって室内空間、とりわけ後席レッグスペースの広さは群を抜いていた。 また販売店のトヨ店では、やの需要としてのを担っていた。

次の

コルサ(トヨタ)のメンテナンス・整備手帳

トヨタ コルサ

3Lガソリンエンジン、1. 07 E-EL51 トヨタ コルサ のタイヤの購入について、 現在は、自動車ディーラーやタイヤ専門店、自動車用品店、ガャ潟塔Xタンドなどの実店舗や インターネットのショッピングサイト、インターネットショッピングモール、オークション、フリマ なとなど、新品から中古まで、さまざまな場所でタイヤが販売されていて、誰でも、気軽にタイヤを 購入することができますが、その際には、タイヤサイズなどの情報が必要になります。 お客様のご都合による交換、返品 商品の性質上、お客様のご都合による返品は受け付 けておりません。 当時の自動車業界の傾向や世相から、内外装の品質が高くなった。 5 m 4. 「百恵セレクション」と名付けた限定車まで発売した手法は、以後、多くのメーカーが採用した。 5 m 4. 2500mmという長い寸法にとったホイールベースのおかげで、リヤシートの両端にタイヤハウスの突き出しがなくなった。 7 m 4. 1986年5月に発売された3代目ターセル/コルサおよび2代目カローラIIの主力は、オーソドックスなデザインの3/5ドアハッチバックでした。 5GPターボ」は廃止され全グレードの、エンジンが16バルブ(ハイメカツインカム)・化される(ディーゼル車は除く)。

次の

コルサ(トヨタ)のメンテナンス・整備手帳

トヨタ コルサ

8m 4. 8m 4. 販促ポスターの撮影は。 に3と5が。 8万円 税抜 141. その中には、ディーゼルエンジンが含まれています。 8m 4. スポーツカーやスペシャリティカーに搭載されるのは珍しくなかったが、3兄弟のようないわゆる大衆車に搭載されたのは唯一の例となる GPターボに採用されたエンジンは新開発の3E-TE型。 5Lユニットと、1. 07 KD-NL50 全長:3915mm 全幅:1660mm 全高:1385mm 1997. 1998年12月 末 に伴い生産終了。 12-1999. 37m 3. 5Lディーゼルターボ仕様、ミッションは前者は4MTと3AT、後者は5MTと4ATが選べた。

次の

トヨタ コルサ (初代 1978

トヨタ コルサ

FRと同じように乗せているわけ。 運転席SRSエアバッグとABSが全車標準装備となる。 これも万人向きの性格といえるだろう。 5 m 4. に3ハッチが登場。 五代目(1994年~1999年) に。 ターセル(5ドア)。 クルーズコントロール• 07 E-EL55 全長:3915mm 全幅:1660mm 全高:1385mm 1997. アイドリングストップ• ターセルはビスタ店、コルサはトヨペット店、カローラIIはカローラ店、サイノスはトヨペット店&カローラ店で販売される(一部異なる)。

次の

トヨタ コルサセダン 1.5 VIT

トヨタ コルサ

9 m 4. 5L 直4 1N-T型 1. 2010年代の日本車ではゆえ縦置きにならざるを得ない車の中で唯一前輪駆動車の設定がある以外に見られない。 09 E-EL55 全長:3915mm 全幅:1660mm 全高:1385mm 1997. 確かに「大衆車」として、誰でも運転できる性格を打ち出した車になっている。 そして1979年6月に、1. 5 m 4. 5m 4. その他のタイヤに関する詳細な情報や、自動車メーカー、販売ディーラーでオプション設定されているタイヤサイズ、 標準設定タイヤサイズを基にした外径の近い、適合タイヤサイズの一覧は、 それぞれの仕様・グレード別タイヤサイズ詳細ページでご確認ください。 5m 4. FF車の中では、既にエンジン横置き方式が主流となりつつあったが、ターセル/コルサが選んだのは、縦置き方式。 ウォークスルー• 5 m 4. 共にフルモデルチェンジを行ない、5代目となった。 3万円 税抜 153. 「リトラクタブル・ヘッドライトを採用したターセル3兄弟」は、この1代限りで生産終了となったのです。 特に5速ギヤはエンジン回転を下げ、経済性を高めるためのギヤになっている。

次の

トヨタ コルサ (2代目 1982

トヨタ コルサ

5Lと1. 5m 4. 12-1999. 09 E-EL51 全長:3915mm 全幅:1660mm 全高:1370mm 1997. 概要 名の由来はで「疾走」や「競争」の意味から。 5 m 4. はターボが止され、は全て電子制御噴射式となりがなされた。 2020年1月13日閲覧。 2万円 税抜 119. この2ドアクーペはのちにとして発展する)。 5 m 4. またも3ハッチにも用意された。

次の

トヨタ コルサ のボディサイズ

トヨタ コルサ

5 m 4. また、2ドアスモールスペシャリティクーペとしてサイノス(SYNOS)もラインアップする。 初代と次の2代目は、前輪駆動車でありながらする(つまり後輪駆動ベースの四輪駆動の前半分を使用するような形)という珍しい 方式をとっていた。 3に0のターボが登場し、4にはも登場する。 12-1998. 外部リンク [ ]• しかし、エンジンとデフが上下に重なった、いわゆる「2階建て構造」となったしわ寄せが車体デザインにもおよび、上面および側面のベルトラインが比較的高いとなった。 5 m 4. トヨタ初のFF車として登場したターセルとコルサは、1982年に2代目にモデルチェンジした際にカローラIIを迎え「3兄弟」と称され、1986年に3代目へと進化する しかし「3ドア リトラ」というスポーティグレードだけは、その名のとおりリトラクタブル・ヘッドライトを採用。 それぞれ5速マニュアルと4速ATとが組み合わされる。

次の