カフェ アラジン。 カフェ アラジン

足利の屋台カフェ「アラジン」場所と営業時間は?メニューや口コミ評判もチェック

カフェ アラジン

親子2代で続く、屋台カフェ・アラジンはなんと45年以上の歴史があります。 行った時期:2017年1月• でも、ここめがけて、北海道から沖縄からお客さんが来るそうだ。 しかし屋台カフェ・アラジンのコーヒーは、しっかりとした味のブレンドコーヒー。 足利市総合運動場が「カフェアラジン」 の近くにあり、そのあたりに駐車場が 多くあるようです。 滞在時間:1時間未満• カフェ アラジンについて 先代のオーナーが現在地でオープンしたのが昭和46年9月。 足利に来たのはこれが初めて。

次の

【おすすめ紹介】日本で唯一?路上で屋台カフェアラジン

カフェ アラジン

また、直接電話でも確認できる そうですが、いつでも繋がるわけではない ので、まずは ツイッターからの確認を した方がいいですね^^ では次に 「カフェアラジン」のツイッターを みていきましょう! スポンサードリンク 3.ドキュメント72時間の屋台コーヒー店「カフェアラジン」のツイッターは? ドキュメント72時間の 屋台コーヒー店 「カフェアラジン」の ツイッターで 営業時間と定休日を確認することが できます! といっても、 「カフェアラジン」ではなく 「阿部次郎」さんのアカウントで作成 されているので注意ですね。 利用方法は事前予約優先制、コラボレーション開催期間は2019年6月14日〜7月15日まで! @栃木・足利市(カフェ アラジン) — satochibi eNy9IuSBXO1X1bC 足利の有名な「アラジン」という屋台コーヒー屋さん。 そんな 屋台のコーヒー店を営むのは、 兄の 阿部哲夫さんと、弟の 阿部次郎さん。 阿部次郎さんが1人ででも コーヒー店を続けようとしたところ、兄の 阿部哲夫さんが、 カフェアラジンを 手伝ってくれるようになったそう。 icotto(イコット)は "心みちるたび" をコンセプトに、 女性が癒されリフレッシュできる旅の情報を集めたメディアです。 投稿日:2017年5月25日. 話題のテーマ• こんにちは、マリンです! 2020年3月6日の NHK 【ドキュメント72時間】は 屋台のコーヒー店「カフェアラジン」が舞台。

次の

【カフェ アラジン】佐野・小山・足利・鹿沼・カフェ

カフェ アラジン

以来、『カフェ アラジン』は足利市で48年間営業しています。 アドレスはこちらです。 でも、ここめがけて、北海道から沖縄からお客さんが来るそうだ。 屋台カフェ?コーヒー店?店主すんごいおちゃめ。 。 日本大学芸術学部卒、ジョージタウン大学にて修士号を取得。 。

次の

45年間灯り続ける魔法のランプ 真夜中の珈琲屋台、カフェ・アラジン

カフェ アラジン

スポンサードリンク 屋台カフェ・アラジン(栃木県足利市)の兄弟の経歴プロフィール ドキュメント72時間の栃木県足利市にある屋台カフェ・アラジン。 屋台カフェアラジンさん。 寒い時期の寒さ対策はしていった方がいいと思います。 滞在時間:1時間未満• 特に雨が続くと開店でき ない日が続きます。 見逃したNHKを色々見ようと思って加入しても、実際にはそんなに沢山は見られなかったりして、もったいないんですよね。 しかし 阿部弥四郎さんは家族に反対 されながらも、 「カフェアラジン」 を始めました。

次の

美の壺にも出た

カフェ アラジン

店を開け続けるという次郎さんの姿勢がカッコいい。 大阪・心斎橋 — うぉるぴん💞🌈 walpinyappy 予約なしでも開いていれば入れるようですが、やはり土日はどの時間も満席になりやすいようです。 恐るべきは、メニューはコーヒーだけ!この一つのメニューで43年!!! この青空屋台コーヒーを続けて来られた!すごい人だ! 淹れたてのコーヒーを頂きながら、店主としばし談笑。 栃木県足利市内の国道沿いの決まった場所で、ほぼ毎夜営業しています。 2004年からフランス・パリの国際機関に5年半勤務したあと、フリーランスに。 屋台カフェ・アラジンに、一体どんな人がコーヒーを求めてやってくるのでしょうか。 あなどるなかれ、スタバが視察にも来たコーヒーらしく、その味わいはマイルドながらコクが深くて絶品。

次の

足利の屋台カフェ「アラジン」場所と営業時間は?メニューや口コミ評判もチェック

カフェ アラジン

混雑具合:空いていた• ただし、当分の間は利用に関して制限がありますので、詳しくは各館にお問い合わせください。 屋台カフェってどんな雰囲気なのかとっても気になりますよね。 そんな憩いの場所を、今も変わらない場所で、兄弟は昔と同じ味のコーヒーとともに守り続けているのです。 そこで、1日の終わりに飲むコーヒーのおいしさ、そしてほっと息をつく幸せな時間を楽しんでいたのでしょう。 スポンサードリンク ドキュメント72時間の屋台カフェの1杯400円のコーヒーにかける思い ドキュメント72時間の栃木県足利市にある屋台カフェ・アラジンの特徴としては、提供するメニューは、400円のコーヒーだけという点ではないでしょうか。

次の

美の壺にも出た

カフェ アラジン

その後、 阿部次郎さんは郵便局は自分に 合っていないという思いで辞めて、屋台の コーヒー店を本業とするようになります。 *ご注意いただきたい点は、屋台ですので営業時間が天候や気温や風で変更になることがあります。 *また天候で臨時休業の可能性もあります。 なんだかロマンティックで、 阿部弥四郎さん の外国の旅への想いが溢れていますね。 スポンサードリンク カフェアラジンの場所 店名:カフェアラジン(CAFE ARAGIN) 住所:栃木県足利市有楽町836 電話番号:090-7009-0188 営業時間: [10月~梅雨前] 14:00~00:00 [梅雨入り~9月] 17:00~00:00 定休日:不定休 アクセス: JR両毛線「足利駅」より徒歩約15分 東武伊勢崎線「足利市駅」より徒歩約20分 メニュー:ブレンドコーヒー・・400円(税込) 屋台コーヒー店「カフェアラジン」は 1971年、阿部さん兄弟の父親 阿部弥四郎 やしろう)さんがオープンした お店です。 屋台コーヒーといえば聞こえはいいが、要するに外だ。 足利の屋台カフェでコーヒーのんできた、かなりのインスタ映えスポット。

次の