シャドバ プロ リーグ デッキ。 会場を揺らしたトップデック シャドバプロリーグ、昨シーズンで最もアツかった1枚

【シャドバ】ローテーション最強デッキランキング【シャドウバース】

シャドバ プロ リーグ デッキ

4,725• 試合結果 2勝1敗でAXIZが勝利。 終盤波に乗っていた名古屋OJA ベビースターだが、サードシーズンでの戦いにも注目だ。 対するGemo選手は苛烈な攻撃で素早く相手の体力を奪い去る潜伏ロイヤルを使用。 さわさき選手も粘りを見せるが、最後は、、の前に敗れ去った。 チームの勢いはどこまで続くのか。 名古屋OJA ベビースター vs au デトネーション 2Pick さに vs cross7224 お互い一歩も譲らない戦いを見せる中、8ターン目に勝負が動く。

次の

【シャドバ】アンリミテッド最強デッキランキング【シャドウバース】

シャドバ プロ リーグ デッキ

第3節以降にも注目が集まる。 SOS選手がのコンボパーツを集めつつ、Enju選手に上手く守護を使わせる。 今回の勝利でチーム成績を3勝3敗の五分まで戻し、上位チームとの差を縮めた。 7ターン目にSOS選手が大量展開をきめ、優位にたったと思われたが、さわさき選手がの効果を活かして見事返し切る。 体力に余裕のあるきょうま選手が順調にコンボパーツを集め、7ターン目に3枚を駆使したコンボを決めて勝利した。 ファイナルステージ進出とはならなかったものの、最後に意地を見せ、チーム順位3位をキープした。 試合結果 2勝1敗でau デトネーションが勝利。

次の

プロリーグ第4節を終えて

シャドバ プロ リーグ デッキ

375• 352• これをなんとか処理したkeisuke3選手だったが、体力を2まで減らされてしまう。 Tier2 【有力デッキ】 Tier1のデッキに匹敵するほどのパワーを持っているが、環境上位のデッキとの相性差や、安定感に欠けるなどの弱点があるデッキ。 名古屋OJA ベビースター vs AXIZ 2Pick さに vs ROB 勝負が動いたのは8ターン目。 ただし、勝負は始まったばかりであり、ここから逆転劇が起きる可能性も十分にある。 Tier4 【発展途上】 デッキパワーが足りていなかったり、構築が固まりきっていないなどの理由で数は少ないが、一定の勢力が存在するデッキ。

次の

【シャドバ】ローテーション最強デッキランキング【シャドウバース】

シャドバ プロ リーグ デッキ

しーまん選手が華麗な逆転勝利を収めた。 続いて5ターン目を見てみよう。 どちらが勝ってもおかしくない展開となったが、さに選手が10ターン目にで盤面を形成する。 これを見てリーグを一層楽しんでもらえると幸いです。 青枠からの増え方は一目瞭然だ 反対に、Gemo選手が5ターン目に守りに走っていたなら、勝利シーンで会場を震わせた《クイックブレーダー》はむなしいドローになっていただろう。

次の

【シャドバ】運命の神々のネクロマンサーの新デッキを3つ紹介!プロの構築を含むミッドレンジ冥府ネクロ、リアニメイトネクロ、自然ネクロのデッキレシピ!デッキコードあり!

シャドバ プロ リーグ デッキ

えすぴー選手のフォロワーを展開に対して、みずせ選手がやで凌ぐ。 よしもとLibalent vs 横浜F・マリノス 2Pick keisuke3 vs しーまん keisuke3選手が序盤から攻め続け、しーまん選手の体力を9まで削る。 環境の変化によって、Tier1〜Tier3までを行き来することが多い。 試合結果 よしもとLibalentが2勝1敗で勝利。 「デッドメタルスター」を葬送できない場合でも、 「征伐の死帝」を「フェイタルオーダー」でリアニメイトする動きが強いですし、その「征伐の死帝」は直接召喚から持ってくることができます。 終盤まで勝負が続くか、マサヤ選手がリソースの差でさわさき選手を圧倒する。

次の

【シャドバ】ローテーション最強デッキランキング【シャドウバース】

シャドバ プロ リーグ デッキ

1位のau デトネーションを追いかける立場のよしもとLibalentには重い1敗となってしまったが、残り2節に期待がかかる。 若干ライト層向けとなっております。 170• そのため、プロアマ問わずカードゲームプレーヤーであれば、誰しも1枚のドローに一喜一憂した経験があるのではないだろうか。 Tier4 【発展途上】 デッキパワーが足りていなかったり、構築が固まりきっていないなどの理由で数は少ないが、一定の勢力が存在するデッキ。 あと少しでもダメージを受けていたらあのトップデックにはたどり着いていない。 ROB選手がを設置し、攻めの姿勢を見せる。

次の