サラゴサ 対 ミランデス。 8日目

香川真司、2戦ぶり先発も得点に絡めず途中交代 サラゴサは1

サラゴサ 対 ミランデス

ミッドウィークのフエンラブラダ戦で交代出場だった香川は先発に復帰したが、得点に絡む活躍はみせられず、2点をリードされたあと途中交代。 20日のリーガ・エスパニョーラ2部第12節、レアル・サラゴサは本拠地ラ・ロマレダでのミランデス戦を1-2で落とした。 【了】. 外部リンク [ ]• しかしながら終盤に入ると、ボールを保持しながら時間を使うミランデス相手に効果的な攻撃を仕掛けられず、同点にも追いつけぬまま試合終了のホイッスルを迎えた。 2012年1月27日閲覧。 技術が無く思った所に球を出せないのか 正確に蹴っているのに連携が悪いのかは不明。

次の

香川負傷中のサラゴサが自動昇格圏、スペイン紙「ついに1部に戻る機会が…」

サラゴサ 対 ミランデス

1977-78シーズンから5シーズンの間セグンダ・ディビシオンBに在籍し、1977-78シーズンと1978-79シーズンの2度、(2部)昇格プレーオフに出場した。 Pos. 首位カディスを追う2位以下のグループが大混戦となる中で5位に後退している。 エリア手前でグリディの横パスをフリーで受けたペーニャが、強烈なグラウンダーのシュートを突き刺した。 [スペイン2部 12節] サラゴサ 1-2 ミランデス/2019年10月20日/エスタディオ・デ・ラ・ロマレーダ スペイン2部リーグ12節、レアル・サラゴサはホームのラ・ロマレーダで、CDミランデスに1-2で敗れた。 1点ビハインドのサラゴサだが25分にペナルティーエリア内で香川が左足でシュートを打つもボールは枠を捉えることが出来ない。

次の

香川真司、2戦ぶりの先発出場も得点なし。サラゴサは1

サラゴサ 対 ミランデス

2点ビハインドとなった直後、サラゴサは香川を下げた。 逆に31分には裏を取られ決定的な場面を作られるも相手のヘディングシュートはバーにあたり失点を免れる。 その後はセグンダ・ディビシオンBとテルセーラ・ディビシオンを行き来し、時には地域リーグでプレーした。 2019- 歴代所属選手 [ ]• クラブは試合翌日10月21日に公式ホームーページで「ラ・ロマレーダ(スタジアム)で脳卒中を起こしたクラブ会員の方がお亡くなりになりました」と報告をしている。 現地メディアでは、香川はここ数試合の低調なパフォーマンスを払しょくすることができなかったと評されている。

次の

香川真司、2戦ぶり先発も得点に絡めず途中交代 サラゴサは1

サラゴサ 対 ミランデス

【サラゴサ 1-2 ミランデス セグンダ・ディビシオン第12節】 セグンダ・ディビシオン第12節、サラゴサ対ミランデスが現地時間20日に行われた。 香川真司は先発出場し、69分に途中交代した。 クラブ史上初となるセグンダ昇格を達成、2012-13シーズンは15位、2013-14シーズンは本来降格となる19位だったがが財政難で降格したために残留となった。 そして60分、再びミランデスの速攻が牙を剥く。 なおチャンスを逃したサラゴサは直後の61分に再び右サイドを崩されるとエレーロにゴールを奪われ2点ビハインドとなってしまう。 その戦術変更の効果もあり、後半は立ち上がりから押し気味に進めたサラゴサ。

次の

8日目

サラゴサ 対 ミランデス

Marca 2011年12月18日. (スペイン語)• 時間の問題にも思えた失点を喫したのは、22分のこと。 2018-19シーズン、2年ぶりとなる復帰が決まった。 ただ最後のシュートが決まらず は助かりました。 とにかく寒い中夜9時にキックオフ。 2016-2017• 直近の6試合で1勝3分け2敗とチーム全体の低調さが目に付くサラゴサは、この試合も立ち上がりから格下のミランデスに攻め込まれる。 1-2で敗れたフエンラブラダ戦から中3日で今節を迎えたサラゴサ。

次の

香川負傷中のサラゴサが自動昇格圏、スペイン紙「ついに1部に戻る機会が…」

サラゴサ 対 ミランデス

懸念事項はエースであるスアレスの右足首の状態。 開幕から慣れ親しんでいる4-3-1-2のトップ下で起用された。 2012年1月25日閲覧。 2010-2013• リーグ戦でのホームゲームでは3戦未勝利(1分け2敗)となった。 ラ・ロマレダの観客は、またも存在感を発揮できなかった香川、またイグベケメに対して容赦のない指笛、つまりはブーイングを浴びせている。 2018-2019• 26 香川パスコース探しすぎよ。 2012年1月27日閲覧。

次の