クラロワ クラシック デッキ。 【クラロワ】「クラッシュ・ロワイヤル」関連用語集(保存版)

【クラロワ】チャレンジモードまとめ!ルールと報酬【クラッシュロワイヤル】

クラロワ クラシック デッキ

しかし、陸ユニットが多すぎるのもあんまりなので、お散歩もできるアイスゴーレムをスケルトン部隊と入れ替えました。 交換には両者「トレードチケット」が必要になる 「トレードチケット」トークン 「トレード」をするために使うチケット。 判断を誤るとプリンセスタワーどころかキングタワーまで倒されてしまう 「手札回し」 小コストユニットを出すことでカードの出現順番やデッキの回転を整える技術 「手札把握」 相手のデッキ(8枚)や、相手の手元のカード(4枚)を推測で把握しながら試合を行う高等技術 「避雷針」 ライトニングの攻撃を別ユニットで3回受けることでタワーやユニットを守る防衛技術 例)攻城ババで避雷針して三銃士を守った 3.3 競技、大会関連用語 「BAN Pickルール」バンピックルール 使用禁止カードを指定できるルールのこと。 最後に 今回はオリジナルデッキの作り方について解説しました。 「矢の雨」Arrows、矢雨 1.3 ゲーム内用語(50音順) カード名以外にも、「クラロワ」関連のゲーム用語というのは数多いです。 「ディガー」Miner、穴掘り、穴• 6ホグデッキなんですが、グラチャレでも最も多く使われるデッキのようです。

次の

【クラロワ】クランバトルで10秒デッキが活躍!?

クラロワ クラシック デッキ

大会やフレンドバトルなど多くの競技シーンで採用される 「天界」 最上位リーグ。 相 手のガーゴイルは、バルーンの後ろのにコウモリをつけてザップと組み合わせることで秒殺することにしました。 6 3. クローンとならスケルトンバレルやゴブリンギャングなどの数が多いユニット、ラヴァハウンドなら後ろにつけるためのつけるためのホバリング砲やベビードラゴンなどです。 最速約10秒で全壊できることから10秒デッキと名付けられています。 語彙力が吹き飛んでしまうくらい害悪。 ルール違反ではないがマナー上賛否が分かれる 「引分け詐欺」 主にマルチにおいて、引分けをするように装いながら、試合終了直前にタワーを攻撃し勝利をかすめ取る行為。 更に何戦か回して26ホグに弱いなどの弱点も見つかりましたがこれ以上は強くならなかったのでこれで完成としました。

次の

【クラロワ】「クラッシュ・ロワイヤル」関連用語集(保存版)

クラロワ クラシック デッキ

地上の小型ユニット対策にはボンバーが便利。 デッキ読みなどもありますし、1枚のカードによって試合が左右したりするので。 初心者・中級者の練習に最適! グランドチャレンジは多くのプレイヤーにとって、ハードルが高い。 マジで勘弁。 4 3. 今回紹介したことをまとめると• 一定条件下での世界ランキング戦。

次の

【初心者必見】クラロワ初心者におすすめのデッキを紹介!

クラロワ クラシック デッキ

6 クラロワ他の攻略記事 デッキ一覧 アリーナ別デッキ一覧 カード一覧 タイプ別一覧 レア度別一覧. 「バーバリアン」Barbarians、ババ• これらがデッキを強くするルールです。 2017年実施 「クラロワ」コミュニティ用語など さいごに、「クラロワ」コミュニティ由来の用語や俗語をまとめておきます。 9 4. 5 3. 9 3. 「ファイアボール」Fireball、ファイボ• 遅延ロイジャイ これはあのみかん坊やが動画で紹介していたデッキですね。 プレイヤーレベルは、クランでフレンドにカードを寄付するか、カードのレベルを上げる、実績の開放することで上げられる。 「巨大雪玉」Giant Snowball、雪玉• 3.2 戦術、スキル関連用語 「エスカレーター」 足の遅いユニットを足の速いユニットで押し上げる攻撃戦術例、バルキリー・ホグ・エスカレーター 「エリクサー・アドバンテージ」 エリアド、アドエリクサー交換に成功し、エリクサー計算で相手より優位に立っている状態。 1回目のバトルでいきなり致命的な欠陥を見つけてしまいました。

次の

【クラロワ】全デッキ一覧【クラッシュロワイヤル】

クラロワ クラシック デッキ

クラロワの低コストで最強デッキとはどんなデッキなのでしょうか。 「アースクエイク」Earthquake、クエイク、地震• 環境的には十分戦えるデッキのはずなのですが。 またランバーバルーンを例にすると、 枯渇デッキとよく当たるなら、ゴブリンバレルとプリンセスをを呪文で処理するために矢の雨やローリングウッドを入れる ゴーレムやジャイアントとよく当 たるなら、インフェルノタワーなどの防衛施設を入れる バルーンとよく当たるならハンターなどの火力の高い対空ユニットを増やす などです。 「ミニペッカ」Mini P. ザップの使い道も多岐にわたるので、有用です。 5 2. 「トロフィー目標」Trophy Road アリーナやリーグを勝ち進むことで入手できるシーズン報酬のシステム 「プライベート大会」 クラロワの大人数対戦機能。

次の

【クラロワ】全テンプレデッキを紹介します【完全網羅】|ワイズマン

クラロワ クラシック デッキ

「ロイヤルデリバリー」Royal Delivery、ロイデリ、デリバリー• グローバル大会おすすめデッキ5選 使いやすさ、汎用性、攻撃面、防衛面などを含めて紹介していきます ディガバルーン 汎用性が一番高いデッキです 難しいですが攻撃面と防衛面のバランスの取れているデッキです 軽いユニットは手札回しに使います バルーンは相手の手札を把握して、カウンターカードが回っていない状態で出します エリゴレヒーラー ガン攻めの簡単お手軽デッキです 2倍タイムまでは守りつつ時間を稼ぎましょう 2倍タイムに入ったら後ろからユニットを出して橋前でエリゴレを出して攻めるだけです ラヴァディガポイ 志向的にはエリゴレヒーラーと似ています 簡単で攻撃スタイルのデッキになります 可能な限りタワーのダメージを許容して少ないエリクサーで守るのがコツです 守り過ぎるとラヴァを出すタイミングが無くなります ディガーはタワーか相手の後衛に向けて出しましょう ロイホグ 無課金デッキ、これなら誰でも組めますね だけど難しいデッキになります 最初は様子を見て防衛から入ります マスケとコウモリで対空、ババで陸を受けつつ呪文に注意しましょう 苦手なのはメガナイトのような範囲攻撃を含んだデッキです その場合はロイホグをセパレートして、両サイドを同時に攻めましょう 巨スケ遅延スケラ 扱いやすいですが攻撃面に難あり、だけどめちゃくちゃ防衛が固いです 防御志向のデッキで、スケラを回し続けましょう 防衛面では巨スケとアイスウィズで大丈夫です 毒は防衛でも攻撃でも使えるので、無駄遣いはしないようにしましょう. コストが低いので 回転率が高い。 「フリーズ」Freeze、フリ• 4 3. 一通りデッキが回って、相手がボウラーにガーゴイルの群れを当ててくるのが分かった場合、タイミングを見てファイアスピリットを追従させるのが美味い手。 「オーブン」Furnace、オーブン• ナイスゲームと称えるゲーム用語。 エリババやホグなどスピードのある攻めにはボウラーや墓石で対応し、ジャイアントやロイジャイなどゴツイのがきたらメガガゴやエレウィズで対応します。 ナイスゲームと称えるゲーム用語。 スケラを持ってなければポイズンは攻めにも使えるし、ディガーと同時発動でディガーを倒しに来たスケルトン部隊を瞬殺する、なんてことも可能です。 1 3. ビートダウン Beatdown とは、簡単に言うとユニットが中心となるデッキです 語源は 殴り倒す 能動的に 自分から相手に攻めていくデッキです 大型のユニットでゴリゴリ行く、 体力の多いユニットを主体としたデッキになります 初心者が一番勝ちやすいのはビートダウンです 相手が守る事ができなければ勝ち、勝ち負けが分かりやすいです 主に ゴーレムとラヴァハウンド、ジャイアント、ロイヤルジャイアント、ゴブリンジャイアント、エリクサーゴーレムです これらのユニットは体力が多く建物しか攻撃しません、大型ユニットを盾にしながら後ろのユニットで一緒に攻めます ペッカやメガナイトもビートダウンじゃないの?と疑問に思うかもしれません 攻撃力は高いのですが、少し違います 建物以外も攻撃できるので扱い方が変わります ゴーレム 初心者が一番勝ちやすいデッキがゴーレムデッキです 対策を分かっていないと何もできずに終わってしまいます ランバージャックを入れるのが主流でしたが今はボンバーが多いです ラヴァルーン ラヴァハウンドとバルーンの強力コンボ これも対策が分からなければ一気に勝負が終わってしまいます ロイヤルジャイアント 簡単に勝てるデッキでした(過去形) 昔はランキングの上位はほとんどロイジャイだったけど、見なくなりました でもまだ強いはず・・・ ジャイアント ジャイデッキは昔からやってる玄人感があります ジャイプリプリはシンプルだけど強いです ゴブジャイスパーキー スパーキーでドーンしたいならこのデッキです ゴブジャイの代わりに巨スケもあります エリゴレヒーラー エリゴレヒーラーベビドラはセットです ヒーラーを同時に複数場に居たら止まりません 通称チンパンデッキ ゲームを支配!コントロールデッキ! シージ(建造物)を建てて、タワーを狙うデッキです ユニットがタワーに届かなくて も 長射程の建造物でダメージを与える事ができます 遠距離からチクチク削る戦い方が好きな人にはおすすめです 長射程のクロスボウと迫撃砲を主体としたデッキです シージデッキとは言っていますが、こちらもサイクルデッキです 守って守って、相手の隙を見て建物を攻撃する こちらも1体1体のユニットは弱いので、少しのミスで大きなダメージ受けてしまいます 2. 害悪デッキの中にも異質なものがある 昨日は「害悪がいかに害悪であるか」を話していたのですが、ひとことで害悪デッキと言っても中身は多種多様。

次の

【クラロワ】クラシックチャレンジで12勝かましたったデッキ

クラロワ クラシック デッキ

それでは、アリーナでお会いしましょう!. 最初から狙うのではなく、 相手にこっちの意図を築かれないようにプレイしていきます。 フィールドにタワーがなく、ゴールラインを越えた側の勝利となる 「クラロワパス」 いわゆるシーズンパス。 ここからそのルールを紹介します! 平均エリクサーコストが4を超えないようにようにする 絶対というわけではありませんが 、平均コストが4をこえると手札が回らなくなり、過剰防衛になってしまうことが多いです。 1 4. ただし3回負けた場合、その時点でチャレンジは終了する。 こんな形のカウンターが理想。 「クラロワリーグ ラテンアメリカ(中南米)」 Clash Royale League Latin America(CRL LATAM) ラテンアメリカ地域におけるクラロワ公式eスポーツリーグ。

次の