アストン マーチン db5。 アストンマーティン・DB5

ボンドカー仕様の「アストンマーティンDB5」がオークションに登場! 映画のギミックを再現【動画】

アストン マーチン db5

一部コンクール出展レベルの最上級コンディションの個体は大きく値上がりし、2015年のピークからは下降していますが、大部分の個体は一定のペースで価格上昇をしてきています。 しかし、クラシックカー全体の中でもトップクラスの価格帯になってしまったことから頭打ちをし、一旦下落しています。 生産には、1台あたり約4500時間を要する。 職人が1台あたり4500時間をかけて手作業で生産 DB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーションの生産は、英国バッキンガムシャーのニューポートパグネルにあるアストンマーティンのヘリテージ部門の本社で行われている。 シャシーとボディが完璧に整備されたほか、ジョン・スティアーズが設計した13種類におよぶボンドカーの特殊装備は当時の通りに機能するよう修復されている。

次の

アストンマーティン・DB5

アストン マーチン db5

そしてもう1台はクローズアップ撮影で、ボンドカーとしての特殊装備を見せるために使われている。 その他に、12台がハロルド・ラドフォードの架装によりに改造された。 ふたりは、イアン・フレミング原作でイオン・プロダクション製作の「007」第3作目『ゴールドフィンガー(Goldfinger)』に、殺しのライセンスを持ったMI6のエージェント、ジェームズ・ボンドの愛車としてアストンマーティンの最新モデルを登場させようと考えていた。 このオークション最大の目玉として出品されるのが、1965年製「アストンマーティン DB5」。 第5作『007は二度死ぬ(You Only Live Twice)』では、トヨタ2000GTがボンドカーとして使用されることになったため、プロモーションツアー後の1969年にDB5は売り出されることになった。

次の

アストンマーティン『DB5ボンドカー』、25台を限定生産…回転式ナンバープレートなど再現

アストン マーチン db5

1963年7月から1965年9月の2年余りの間に1,023台が製造された後、後継モデルのにバトンタッチした。 TVドラマ『』第1シリーズの「武器弾薬を渡すな Odds on Evil」では、左ハンドル仕様で赤いボディのものがメンバーの逃走用自動車として登場する。 また、3代目ボンドのが出演した映画『』でも、ボンドカーのパロディとして様々なギミックが搭載されたアストンマーティン・DB5が登場する。 標準型は3基の製キャブレターから282を、高性能版のヴァンテージ仕様は3基の製キャブレターから324hpを出力する。 外観はシリーズ5との差異は殆どないが、装備類の充実からか車重は116kg増の1,470kgとなった。

次の

アストンマーティン・DB5

アストン マーチン db5

ボンネットの下には、4. DB5は今日では当たり前になった映画におけるマーケティングの始祖的な存在です。 すぐにコレクターとして知られているアンソニー・バンフォードが購入。 自然吸気の4. 17作目『』で再登場すると、その後のシリーズでも、メインのボンドカーとは別に、しばしばボンドの愛車として作中に登場している。 概要 [ ] に代わり、1963年7月に発売された。 世界に現存するボンドカー仕様のDB5は3台のみ RMサザビーズの自動車部門スペシャリストであるバーニー・ループレヒトは、この世界一有名なDB5について、以下のようにコメントした。 1964年にはハイパフォーマンスモデルであるDB5 Vantageが登場します。 なお、アストン、マーティンは、「公道は走行できない」と発表している。

次の

アストンマーティン『DB5ボンドカー』、25台を限定生産…回転式ナンバープレートなど再現

アストン マーチン db5

機械式LSDも装備される。 『007』の名声を考えれば、このDB5がオークションに出品されることは、非常にレアなケースとなります。 この結果、映画のプロデューサーも作中に登場するボンドカーの魅力と潜在的なマーケティングチャンスに注目することになる。 4リッターのトリプルSUキャブレターと280馬力の直列6気筒エンジンを搭載し、ハイパワーモデルとなっています。 DB5の販売が急増し、これまでにないレベルの生産が行われたのだ。

次の

アストンマーティン『DB5ボンドカー』、25台を限定生産…回転式ナンバープレートなど再現

アストン マーチン db5

これらの装備の開発には、特殊効果の監督として、数多くの『007』シリーズの製作に携わったクリス・コーボールド氏が参画している。 アストンマーティンは5月28日、映画『007ゴールドフィンガー』に起用されたボンドカー、アストンマーティン『DB5』(Aston Martin DB5)の復刻モデル、『DB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーション』の生産を開始した、と発表した。 今回、アストンマーティンの公式ヘリテージスペシャリストである、スイスのロス・エンジニアリングによるレストアも完了。 この特別なDB5はMI6のQブランチが開発したジェームズ・ボンドの愛車、つまりボンドカー仕様なのである。 アストンマーティンDB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーションは25台が限定生産され、価格は1台275万ポンド(約3億6575万円)。

次の

アストンマーティン『DB5ボンドカー』、25台を限定生産…回転式ナンバープレートなど再現

アストン マーチン db5

『ゴールドフィンガー』の大ヒットは、アストンマーティンにも多大な恩恵をもたらした。 映画・TVドラマ [ ] 映画の3作目『』、続く4作目『』において、様々なギミックを搭載した改造車として登場し、その後の映画シリーズの特徴となったことから、の代表的な車種として知られる。 DB5 Vantageの生産台数は65台と非常に少なく、現在では極めて希少なモデルとなっています。 ディーラーでの下取金額に不満がある方、過去の売却で失敗経験がある方、新しいサービスで高額売却を狙いたい方に特におすすめします。 1963年、プロダクションデザイナーのケン・アダムと特殊効果を担当するジョン・スティアーズがアストンマーティンのニューポート・パグネルを訪れた時、その後何十年にもわたって「007」とアストンマーティンが強く結びつくとは考えていなかった。 また、個人売買で成立しなくても買取業者へそのまま売却する事も出来るのでリスクなく高額売却が可能です。 ボンドカー仕様のDB5は2台が製作され、撮影のためにイオン・プロダクションに貸し出された。

次の