トランプ イラン 攻撃。 トランプがイラン攻撃後に企む「秘策」とは何か

トランプ米大統領、対イラン攻撃に否定的 全面衝突回避、制裁で幕引き:時事ドットコム

トランプ イラン 攻撃

— Donald J. 「ショックを受けた。 16年のイラクの法律では、首相直属の独立した軍と規定されている。 ガーセム・ソレイマーニー-Wikipediaより 米軍の攻撃はイラクサイドがカタイブ・ヒズボラへの対処をしないための自衛 須田)カタイブ・ヒズボラは11月と12月の2ヵ月間で、米軍施設とアメリカ大使館に対して11回の攻撃を仕掛けていたのです。 特にハメネイ師の直属とされる革命防衛隊が対米強硬に傾いている。 国防総省によると、この襲撃もソレイマニ司令官が承認したという。

次の

国防総省をざわつかせた? イラン攻撃をめぐる、トランプ政権の危険な要求の中身とは

トランプ イラン 攻撃

「イラン国民や指導者に告ぐ。 戦争に関する国際法のジュネーヴ条約とハーグ条約はいずれも、文化施設の攻撃を禁止している。 戦争になれば文化遺産を守るための国際法に準拠する必要はないと述べたトランプ氏の前言に対しては、米国内やイラン政府、国連教育科学文化機関(、ユネスコ)など各方面から非難が噴出した。 アメリカのジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は2018年秋、国防総省に対し、イラン空爆のための軍事オプションを提示するよう求めたと報じられている。 中東政策を巡っては、北大西洋条約機構(NATO)に関与の拡大を求めると表明した。

次の

米軍のイラン・ソレイマニ司令官殺害はなぜ起きたのか

トランプ イラン 攻撃

— Donald J. ツイッターによると、攻撃計画では3つの目標を選定。 攻撃計画を撤回したのは「無人機の撃墜と(死者数が)釣り合わない」のが理由だとしたうえで、「私は(軍事計画を)急いでいない」とした。 米国とイランの対立が深まるなかで、突発的なリスクに備えた動きが広がりつつある。 イランの最高指導者アリ・ハメネイ()師が報復を宣言した一方、米国防総省は中東地域に最大3500人の部隊を増派すると発表。 ただ実際には、今回の大統領の軍事行動逡巡も含め、米側には簡単に対イラン戦争に踏み切れないいくつもの理由がある。 区域近くの着弾も含めて、バグダッドで計3発のロケット弾が着弾。 Dunlop with Marc Jourdier in Tehran. トランプ氏は対抗措置に関し、イランに追加制裁を科し「イランが行動を変えるまでこれらの強力な制裁は続く」と訴えた。

次の

トランプ米大統領「イランに追加制裁」 攻撃受け声明 抑制的な対応に

トランプ イラン 攻撃

その結果、トランプ氏は「最大のジレンマ」に陥ることになります。 その上でさらに、イランが「行うべきではないことをした場合には、非常に厳しい報いを受けることになる」と警告した。 まあ仕方ない」と発言。 ホワイトハウス()で21日朝に収録された米テレビの番組「ミート・ザ・プレス()」のインタビューの抜粋で、トランプ氏は、イラン攻撃の最終承認はしておらず、当時、航空機は出動していなかったと語った。 「イラクの警察・軍が機能していないから、アメリカは自衛のためにやった」というのが、国際的な理解だと考えていいと思います。 トランプ氏はこの攻撃による米国の死傷者が出なかったと明らかにした。 専門家は、これは一般的な手続きに則っているはずだが、国防総省にある種の衝撃を与えていると言う。

次の

「トランプ大統領の対イラン政策は?」(ここに注目!)

トランプ イラン 攻撃

イランはさらに、トランプ氏がオマーンを介し、イランに交渉の意志がなければ攻撃を実施すると警告したとの報道を否定した。 例えばジョン・F・ケネディ氏は1962年の「キューバ危機」の際、対キューバの海上封鎖ついて説明している。 BBCのリーズ・ドゥセット国際報道主任特派員は、昨年末にはでも、ソレイマニ司令官への弔意によって市民が団結していると指摘している。 2,043• マイク・ポンペオ()国務長官とマーク・エスパー()国防長官は、この脅迫的な発言の釈明に追われた。 260• 突如過激な行動に出たトランプ大統領の背景にあるもの まず昨年のクリスマス直後、中国の習近平国家主席との会談を終え、帰国したヘンリー・キッシンジャー氏が、「中国はドナルド・トランプ大統領との交渉継続を望んでいる。

次の

イランの名所をツイートする人が続出 トランプ大統領の「52カ所を攻撃」宣言で文化財破壊に懸念

トランプ イラン 攻撃

今後の対応に関して「今に分かる」と述べていた。 イラン革命防衛隊のサラミ司令官は20日、無人機の撃墜後にこう演説した。 その野蛮人どもは今どこにいる? 我々はまだここにいる。 「明朝、声明を発表する」とつづった。 穏健派はこれを「米との交渉禁止令」、保守強硬派は「挑発行動へのゴーサイン」と受け止めた可能性がある。 検索: 最近の投稿• He was already attacking our Embassy, and preparing for additional hits in other locations. 「空爆は愚かなアイデアだ」と、クローソン氏は言う。

次の

www.therunningbug.co.uk : 米、イラン革命防衛隊幹部の殺害発表 トランプ大統領が指示

トランプ イラン 攻撃

4月に米トランプ政権が革命防衛隊をテロ組織に指定したことが、イラン国内の保守強硬派を刺激した。 さらに米政府は国連安全保障理事会に対して、24日にイラン情勢を巡る非公開の会合を開くように要請した。 8日、ホワイトハウスで、イラン情勢に関する演説に臨むトランプ米大統領(EPA時事) 【ワシントン時事】トランプ米大統領は8日、イランによる駐留米軍基地に対する弾道ミサイル攻撃を受けてホワイトハウスで国民向けに演説し、「軍事力を行使したくはない」とイランへの報復攻撃に否定的な考えを示した。 違反した場合はアメリカでも戦争犯罪として扱われる。 (2)12月29日、イラクの武装組織「神の党旅団(カタイブ・ヒズボラ、)」の基地が米国の空爆を受け、少なくとも25人のイラク人戦闘員が死亡。 さらに、アメリカはイランが間違いなくバグダッドでアメリカを攻撃するよう命令したと見ているようだが、イランはバグダッドでの攻撃を指示していないと、これを否定している。 この点に関連して、ブッシュ政権当時、パウエル統合参謀本部議長の首席補佐官として軍事作戦立案に直接携わったローレンス・ウイルカーソン中佐は最近のインターネット・インタビューで、イランとの地上戦がいかに困難を伴うものであるかについて、以下のように語っている: 「立ちはだかるイランの特殊な地形、とくに急峻なザグロス山脈Zagross Mountainsはかつてアレキサンダー大王も死に瀕しかけたほど攻略を阻む難関であり、征服するには10~15年もの残酷なゲリラ戦の長期化を覚悟する必要がある。

次の

トランプ大統領「全て順調、明朝に声明を出す」 ミサイル攻撃受けTweet

トランプ イラン 攻撃

路肩爆弾を使ってこちらの人間を吹き飛ばしても許される。 米メディアは、イランのレーダーシステムやミサイル関連施設が標的になっていたと報じた。 PMFは過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に対抗する目的で2014年に設立された。 イランとの対話のシグナルも送った。 イランの報復が始まったのか、と報じられています。

次の