月曜日 の 朝 スカート を 切 られ た 歌詞。 「月曜日の朝、スカートを切られた」で発覚した欅坂46 MVの秘密

欅坂46 真っ白なものは汚したくなる 月曜日の朝、スカートを切られた 歌詞 パート割

月曜日 の 朝 スカート を 切 られ た 歌詞

いつかの総選挙かじゃんけん大会か、たしか大家志津香だったと記憶しているのだけど、「わたしには学歴とかないから、AKBしかないから」というスピーチがものすごく印象的で、いまも覚えている。 器用でない生き方しかできない「月スカ」の少女たちが見出した生き方のスタイルが欅坂46だった。 いちいちそれにクレームつけるのかな・・・• いや、もともと、「月曜日の朝 友達が(or私は)首を吊ってた」 「でも私は、悲鳴なんかあげない」だったのではないのか。 死んでしまいたいほど 愚かにもなれず 生き永らえたいほど 楽しみでもない もう持て余してる 残りの人生 目立たないように息を止めろ! 生きていようと死んでいようとどうでもいい希薄な命。 多様性にかかるコストはきわめて多大だ。 こんなにも不快で思いやりのかけらも無い曲を作る人間、それを良しとして歌い、売り、買う人間がいるなんて信じられない。 「スカート」「通学列車」「学校」「教室」という言葉から、この歌の主人公=女子高生感を色濃くし、女子高生たちは一見すると何も考えていないように見えるが、心の奥底では全てを見透かし、ちゃんと物事を考えたうえで、あなたたち大人を呆れた目で見ているんだよ、と告発するような歌なのだと思う。

次の

欅坂46、「月曜日の朝、スカートを切られた」で表現した“ディストピア”とは? 『FNS歌謡祭』ステージから見えたこだわり

月曜日 の 朝 スカート を 切 られ た 歌詞

「ボクとキミ」の親密な近い距離感がはるか遠くの世界の果てと一致する。 電車に乗れない人だってもっとたくさん出てきたっておかしくない状況になることも考えられます。 そう考えると、不謹慎な気もします。 そこで、「したり顔で あんたは私の何を知る?」と叫ぶ平手の眼差しは、あまりに語りすぎることへの、そう、ナラティブに囚われすぎる人たちへの決別の一瞥に思えてならない。 30年前、スカートでなく学生カバンを切りつけられただけでもこんな状態になるのです。

次の

欅坂46『月曜日の朝、スカートを切られた』歌詞内容が問題視され署名運動に発展…事件被害者が不謹慎だと訴え物議醸す

月曜日 の 朝 スカート を 切 られ た 歌詞

「 死んでしまいたいほど愚かにもなれず、生き永らえたいほど楽しみもない」境地です。 80 ID:iKaSYPky0. 「 誰かと話すのが面倒で目を伏せて聴こえない振りしてた」 「 自分の半径1m 見えないバリア張った別世界」 そんな僕のところに君が現れます。 あくまで本人の将来のために。 「抑圧だ」「搾取だ」と普遍的に聞こえる正義を語っているようでも、本質的には一個の物語でしかない。 とくにポスト構造主義以降の社会構成主義的な世界観を厳しく批判している。 そのことが問題なのだ。 不愉快なら 自分の力でそれを避けるしかないと思います。

次の

欅坂46「月曜日の朝、スカートを切られた」の歌詞の意味と解釈

月曜日 の 朝 スカート を 切 られ た 歌詞

時系列的には 月曜日の朝、スカートを切られたより前ですが、どこにあたるかはまぁそのへんじゃないですかね。 秋元康氏の女性蔑視的な歌詞表現に関する騒動である。 先月発売されたのアルバム『真っ白なものは汚したくなる』に収録されている楽曲「月曜日の朝、スカートを切られた」の歌詞に関して、実際に電車のなかでスカートを切られる被害に遭ったことのある女性が声をあげ炎上したのだ。 ーでも 「 大人たちに支配されるな」って言っちゃってます。 酷な言い方になってしまうかもしれないけど 過去は変えられないし 消えるわけがないし もう逃げて生きることは出来ないんだから。 「どこかの暗闇」の陰で容易くスカートを切られてしまうほど。 でも、歌詞の一部を切り取って不謹慎だというのは違うだろ。

次の

炎上! 欅坂46「月曜日の朝、スカートを切られた」はどこが問題なのか? 秋元康の歌詞にある女性蔑視思想(2017年8月2日)|BIGLOBEニュース

月曜日 の 朝 スカート を 切 られ た 歌詞

いや、できるはずがない。 」と明かし、 「たくさん傷ついている人がいる中で、こんな曲を出すのは不謹慎だと思いますし、この曲のせいでこのような犯罪が増えてはとても困ります。 コスプレとかそういう話は無視する つまり、「スカートを切られる」というのは、スカート という名の子供の殻が少しずつ剥がされていき、抗いようもなく少しずつ大人に変化してしまっている あるいは、なりたくなかった大人に自分もされていっている ということを意味しているわけだ。 性暴力的な内容のポルノへの暴露は、接触者の「レイプ空想」を引き起こすことが知られている。 だから「私/私たち」の思考や感覚から離れて実在する存在を認めることができない。 あえて分断を選ぶ。

次の

月曜日の朝、スカートを切られたってタイトルだけはいいよな

月曜日 の 朝 スカート を 切 られ た 歌詞

スポンサーリンク そして、少女たちはスカートを脱いで大人にならない道を行く この歌の主人公は「悲鳴をあげない」ことで、子供の間はスカートを履き続ける人生、そして、そのスカートが少しずつ切られていって大人になっていく人生を歩む決心をするわけだが、結局、この少女はその運命に抗う。 要するに、秋元氏が「スカートを切られる」という犯罪行為を、男性目線のステレオタイプでしかとらえておらず、お得意の安易なセンセーショナリズムのネタとしか考えていないことが、透けて見えているのだ。 気付かれず踏まれても悲鳴をあげない存在」 つまり自分のことです。 「どこかの暗闇でストレス溜め込んで 憂さ晴らし」をするほかに逃げ場のない、そのような加害者もまたマイノリティではないだろうか。 誰もいない道を進むんだ」 「 ここにいる人の数だけ道はある。 てな感じでMVの最後に ーへ繋がる映像で終わります。

次の